お金をかけてでも結婚相談所に行って良かった

ある程度年ごろになると、自然と結婚相手が見つかって家庭を持てると信じていたが、それが間違いだったのかと思うほど、結婚に縁がない生活を送っていた。
友人はどんどん結婚が決まっていき、幸せそうな年賀状なども毎年のように来るようになっていたので、自分はまだ恋人さえもろくに出来ないと、少し自暴自棄な時もありました。
気がつけば、30歳も超えて仕事一筋という言葉は格好はいいが、自分を鼓舞する言葉としては情けないとも感じていたのです。
仕事に意欲がわかないわけでは無かったのですが、どうしても私生活にも面白みがなく、ついつい仕事のことを考えていたり、週末は友人と飲みに行くこともあったのだが、この歳になると一緒に連れ立っていく友人も少なくなっていました。
そんな時に、結婚相談所でも行ってみてはと、会社の上司に言われたのがきっかけで、少し興味を持つようになり、インターネットなどで調べてみました。
すると、入会金などを含めて、年間でも50万円はかかるような感じなのですが、一生を決める結婚相手なので、このくらいはお金をかけないといけないという思いもあり、思い切って登録してみることを決断しました。
その時は、貯金はあったのですが、それは相手の女性が現れてから使いたいと思い、カードローンを使うことにしたのです。
わたしが行った結婚相談所は、大手の会社だったのもあり、カウンセラーの人がいろいろなアドバイスをしてくれて、登録されている女性のタイプと、自分の好みを聞いて、照らし合わせていました。
もちろん即日にお金を払う訳ですが、あまり高額なカードローンをしたことが無かったので、ちょっと緊張はしましたが、いろいろな人と出会って、それまで知らなかった世界でも観れるようになると、いい経験が出来るかもと、期待をものすごいしていた。
結婚紹介所からの連絡で、パーティーに出席することになったのですが、こういったパーティーなど行ったことがない為に、いろいろなアドバイスを受けました。
もちろん、身なりはしっかりしていた方が良いが、意外と言われたのが、靴やネクタイなどもビジネス用ではなく、お洒落なものをつけていくと良いということでした。
そういわれても、持っていなかったので、即日カードローンを使って買いに行き、婚活パーティーへと行ったのです。
これからは、きっとこうやって色々な人と出会うのかとワクワクしながら通っていますが、カードローンを組んででも結婚相談所に通って良かったと思っています。

Comments are closed.